1985年の伝説的な CM から着想を得た Air Jordan 1 “Rebellionaire” の発売情報が解禁

マイケル・ジョーダンが出演したナイキAJ1のCM “Banned”のフレーズが全面にプリントされた1足

着れるアートby Danlife【ナイキ】Air Jordan 1 Retro High OG UNC

Northern Lights [AJ1]」は、ダン・ライフのオリジナルアートワーク。

ウェアラブルな1足1足は、「エアジョーダン1 レトロ ハイロサンゼルス」を使用し、15,000個以上のクリスタルがセットされています。クリスタルはひとつひとつ手作業でセットされています。

ダニエル・ジェイコブとしても知られるダン・ライフは、ノスタルジックでジュエリーのような作品が世界中で認められているアーティストです。

様々なアートフェア、ギャラリー、インターネットなどを通じて露出と人気を得て、ダン・ライフ現象となった彼の道を切り開きました。ダン・ライフは、身につけることのできるアート作品を通して、すべての人のために創造しています。

昨年10月にその存在が浮上していたAir Jordan 1の新作モデル “Rebellionaire”の日本国内でのリリースが決定した。

1984年9月15日、『マディソン・スクエア・ガーデン』で行われたプレシーズンマッチにおいて、Michael Jordan(マイケル・ジョーダン)は自身初のシグニチャーモデルであるAir Jordan 1を初めて試合で着用した。しかし、シカゴ・ブルズのチームカラーが採用されたAJ1は当時のNBAの規定に違反しており、同モデルを着用したMJは“ユニフォームの統一性”が保たれていないことを理由に、リーグ側からテクニカルファウルを与えられてしまう。リーグはブルズに対しても「公式戦で同じことが起こればチームに罰金を科す」と警告し、AJ1を試合で着用することが困難に。ところが〈Nike〉が罰金を肩代わりしたことで、MJは同モデルの着用を継続。また、ブルズのゲームに足を運ぶファンもMJがAJ1を着用することを奨励し、会場では次第に「リーグには、それは止められない」という反抗的な掛け声が響くようになったという。そしてその翌年の1985年、AJ1は晴れて正式にリリースされることに。〈Nike〉は本モデルのリリースに際し、今となっては“伝説のCM”として語り継がれている“Banned”を発表した。

今回リリースされるAJ1 “Rebellionaire”は、これらのエピソードを踏まえ、当時の精神を体現するモデルとしてデザインされた。アッパーはダークグレー/ライトグレーのヌバックで構成され、全面にCM内に登場する“They Can’t Stop You From Wearing Them”のフレーズをグラフティ調のフォントでプリント。ヒールには“X”のマークを配し、使用禁止となった伝説のシューズの誕生を称えた特別な1足に。また、シューボックスにも同様のグラフィックが施されている。

Air Jordan 1 “Rebellionaire”は、3月12日(土)9:00より『SNKRS』などで販売予定。価格は19,250円(税込)となる。

【関連記事】:https://mekataworks.jp/img/business/diary.cgi

0 thoughts on “1985年の伝説的な CM から着想を得た Air Jordan 1 “Rebellionaire” の発売情報が解禁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です